{{ 'fb_in_app_browser_popup.desc' | translate }} {{ 'fb_in_app_browser_popup.copy_link' | translate }}

{{ 'in_app_browser_popup.desc' | translate }}

輕妝糕點|熱烈迴響.限量排單預購

子母壽桃 / 迷你壽桃 預購 2024年3月2日後 排單出貨 | 加入 Line @1866.tw 詢問您的訂貨日期

2024春|限定禮盒新鮮出貨

林金生香 X 田媽媽麻芛工作坊

因日治時期生活艱苦,農民將麻芛熬湯來喝,久了便成為民間特色小吃。隨後麻穎/麻芛經農業改良場改良,由家政班組成的田媽媽將麻芛做成風味特殊的麻芛餅,透過林金生香傳承百年的手藝,以精緻化的方式創造出專屬於台中的新特產。

麻穎 / 麻芛是什麼?

黃麻的嫩葉,早期農業社會大量使用麻製品,做麻繩、麻布袋材料。「芛」國語音同「尾」,指植物初生的草木花,而台語(ínn)也指嫩芽,平時也會出現麻薏,「薏」指的是薏仁,所以使用「穎」較為合適。

麻穎/麻芛(マーウェイ、モロヘイヤ)
麻芛の若葉は麻の縄や袋の材料でした。「芛(ウェイ)」は、標準中国語で「尾(ウェイ)」と同じ発音で、草花の赤ちゃんを指します。また台湾語ではインと言い、これもまた若葉のことです。「麻穎(マーウェイ)」はよく「麻薏(マーイー)」と書かれますが、「薏(イー)」は薏仁(イーレン、ハトムギ)のことなので、穎(ウェイ)の字のほうがより適しています。

麻穎
麻芛湯

台中人的夏日消暑涼湯

在麻織品製作過程中,葉子是不被需要的,因此惜物的台灣人將其葉脈撕除,搓揉去苦汁後,加入甜甜的地瓜煮成麻穎湯。因其產季於盛夏且擁有豐富的果膠與營養價值, 所以普遍認為麻芛湯是一道退火又顧胃的夏日涼湯。

台中の暑気払いのスープ
昔の農業社会では麻製品を多く使っていました。麻織物を作る時、葉は使いません。これをもったいないと思った人々は葉脈を取り除き、揉んで苦味を取り、甘いサツマイモと一緒に煮込んで「麻芛湯(マーウェイタン、モロヘイヤスープ)」を作りました。モロヘイヤの旬は夏で、ペクチンや栄養が豊富なことから、麻穎湯は、胃に優しく、体にこもった熱を取ってくれます。